「強化型ハイポサーミック」キャパシティブエレクトロ―ド

「強化型ハイポサーミック」キャパシティブエレクトロ―ドは、通常のハイポサーミックキャパシティブエレクトロ―ドに比べて、組織の温度を上昇させることなく、身体に伝達するエネルギー量をより増やすことができます。

その結果、より多くの代謝刺激を与えることができ、とくに急性炎症に対して、禁忌となる要素を最大限排除しながら、静脈系を中心とした微小循環の代謝を瞬時に効率的に促すことができます

説明

テカールセラピーを行ったことのあるセラピストは、組織の温度を上げることなく伝達されるエネルギー量を必要とする臨床状態が多くあることに気が付いていると思います。

わかりやすい例としては、足首捻挫の場合、受傷後に急性炎症の影響を受けながら組織の治療が開始されています。

その場合、腫脹、熱感、疼痛などはすべて、組織で起こっている自然な反応であると同時に、組織の治癒過程の重要な反応になります。

この場合、その部位に対するエネルギー伝達は効果的でしょうか?

その答えは:「効果的かどうかはその時々の状況によりさまざま変化する」となるでしょう。

もしも組織の温度を上げることなく、腫脹や浮腫を改善する事ができれば、または自発的にそれをコントロールする能力が加速させることができれば、質問に対する答えは“効果的である”になります。

Set resistivi e capacitivo super ipotermico