「ハイパーサーミック」キャパシティブエレクトロ―ド

WINTECARE®は、今までにない新しい素材でキャパシティブエレクトロ―ドを開発し、身体で生成できる電気容量を増幅し、インピーダンスを今までにないレベルにまで改善しています:

・電力効率を二倍に向上:電圧に対する電力量を2倍にすることで、トリートメント時間を大幅に軽減することができます

・軟部組織に対して、組織の深部に非常に早く、また熱の不均等や不快感を出すことなく、完全に絶縁された電気容量性効果をもたらします。

・温熱のコントロールがしやすく、深部温をより上昇します

・通電クリームを使用せずに効率的に電気刺激を身体に与えることができます

カテゴリー:

説明

「ハイパーサーミック」キャパシティブエレクトロ―ドは、デバイスによって生成された電気刺激を間接的に利用して、組織内でエネルギーを生成することができます。

組織に直接電気刺激を伝達するレジスティブエレクトロ―ドと違い、エレクトロ―ド付近に電気的効果を集中させる事ができます。

キャパシティブエレクトロ―ドを使用した際のイオンの伝達方向及びエネルギーの密度の分布は、レジスティブエレクトロ―ドは全く異なります。

最大の違いは、エレクトロ―ド近くに温熱効果のほとんどを集中させることができることです。

インパクトファクタージャーナルで発表された最近の研究は、そうした効果が表層のみではなく、軟部組織の深部にも効果を与える事が示唆されています。

ハイパーサーミックエレクトロ―ドに関しても、形状、材質、サイズ、そしてエレクトロ―ドを置く場所は、目的とした部位に対するエネルギー量をコントロールするために非常に重要な要素となります。

そのためエレクトロ―ドに使用されているコーティング材は、身体から絶縁(電気を伝達しない)されている材質で、セラピストが電力を完全にコントロールすることができる特別な材質になります。

そのためT-Plusは、キャパシティブエレクトロ―ドで通電クリームを全く使用しなくても、効率的に電気的効果を発揮できる、世界で唯一のデバイスとなります。